子供のアスペルガー症候群

子供のアスペルガー症候群

子供のアスペルガー症候群 対人コミュニケーション能力に問題のある人や、知的障害や言葉の発達の遅れがある子供の中には、アスペルガー症候群に該当していることがあります。最近では、ネットで簡単な診断をすることができるので、気になる子供は普段の言動や状況によって診断してみることが可能です。ただ、乳児の年齢ではアスペルガー症候群だと診断しにくく、言語や学習、そして認知に関する能力が未発達なため、症状が分かることが難しいです。

しかし、乳児の時に特徴的な行動をする場合は、こちらの病気ではないかと判断することが可能です。アスペルガー症候群の可能性がある乳児は、大きな音や声に非常に過敏に反応します。そして共通しているのが、大きな音や声に対して非常に嫌がるものです。そのため、電車やスーパーなど騒がしい場所に連れて行くと泣き止まない状態になることがあります。

小学校前の幼児では言葉を話すことができる反面、相手の表情を読み取ることができない子供がいます。また、説明を何度繰り返しても理解できないこともあるので、叱られていても理解できないまま過ぎてしまいます。アスペルガー症候群は、小学生になるとはっきりと症状が判断できます。学習能力が遅れていくことや周囲との協調が苦手になることで、アスペルガー症候群だと判断できます。

最新のお知らせ

  • [2018年08月03日]
    ホームページを更新しました。

  • [2018年08月03日]
    運営者情報を追加しました。